報連相(ホウレンソウ)とは、報告・連絡・相談のこと

若手社員の基本的な仕事といわれますが、これが不全になっている会社が多くあります。

できていない会社は、ミスやトラブルが多く起こり、そのフォローも後手になりがちで、コミュニケーションも滞り、人材育成やモチベーション向上も図れません。
この研修では「報連相(ホウレンソウ)」が、しっかり機能する職場にするための、基本的な考えの習得と、ワークを通した実践を行います。

ホウレンソウ研修 実施後にもたらされる効果

★人間関係が円滑になります
研修により、ホウレンソウを発信する側、受け取る側、それぞれのコミュニケーションスキルが
高まります。お互いの理解が深まり、良好な関係が構築されます。

★生産性、業務効率が高まります
ホウレンソウが徹底されると、業務の「ムダ・ムリ・ムラ」が減少していきます。
それらが労働時間の削減や、生産性の向上に直結します。
「働き方改革」を制度ではなく、風土改善でできる近道が「ホウレンソウ」なのです。

★人材育成、モチベション向上につながります
ホウレンソウにより、部下の課題や特性が把握できるようになり、その場での教育、
育成がスピーディーにできるようになります。
また、頑張ったことに対しても、即時フィードバックができることで、モチベーション向上に
つながるようになります。

~ホウレンソウ研修カリキュラム(例)~
1.セミナースケジュール案内・講師自己紹介
2.本研修の目的の理解
3.研修の場作り(嬉しかったこと発表)
4.ワーク:なぜホウレンソウ(報連相)ミスが発生するのか
5.こんなときどうする?ホウレンソウ(報連相)
6.ホウレンソウ(報連相)チェックリストの使い方
7.ホウレンソウ(報連相)の具体的な伝え方
8.ホウレンソウ(報連相)の非言語コミュニケーション
9.ワーク:非言語コミュニケーション実習
10.研修終了、受講者レポート記入